一条工務店

全国に展開する一条工務店は、注文住宅づくりのプロフェッショナル。住宅業界の中でもトップクラスのクオリティや人気を誇り、注文住宅を依頼する人が増えています。その人気の秘密はさまざまにありますが、一番は基本性能が大変によく、家族が快適に暮らせる家づくりを追及していることでしょう。耐震性や耐久性にすぐれ、次世代省エネ基準をクリアしたほどの省エネ性の高い家となっています。また、こうした部屋のすばらしさが、すぐにモデルハウスで確かめられることがうれしいところ。暮らしのイメージをしやすいために、購入に至る人も多くいます。

もう一つ注目しておきたいのは、そのデザイン性の高さ。スマートでうつくしいキッチンやあたたかな木材のしつらえ、豊富な収納スペースなど、細かなところで気の利いたデザインが光ります。さらに、これらのデザインはすべて、標準仕様にされているもの。モデルハウスで確かめることができますが、「これが標準なの!?」と驚かれる方も多いことでしょう。いまでは数多くのグッドデザイン賞を受賞し、そのクオリティの高さも認められています。これだけのクオリティを持ちながら、値段は徹底的に抑えてくれるのもうれしいところです。住む人のことを考えた家づくりが人気の秘訣なのでしょう。

クラシスホーム

愛知県を拠点にするクラシスホームは、現代的で住みやすい家づくりに尽力しています。特に住み心地のよさ、何十年も暮らせる家づくりにこだわりがあり、たとえば空気の通り方に工夫しているところがあります。通気口の構造に注目し、家全体に空気がまわるような仕組みにし、断熱材を使うことで夏は涼しく、冬は暖かいつくりにしているのです。空気の通りがよくなれば湿気やダニなどの家を悪くする外的な要因を避けることができますし、腐敗や痛みがほとんどない状態を保てるために家が長持ちします。また、単純に空気の周りがよいことは家の空気を整え、家族が居心地のよい家となるでしょう。

また、クラシスホームがもう一つ大切にしていることは耐震性がしっかりとしていることです。近年は地震が多く、いつどこでどんなことが起こるかわかりません。できればマイホームが倒壊しないように守りたいでしょう。そこでクラシスホームでは、ほとんどの家を耐震等級3に設定しています。この耐震等級3というのは消防署や警察署といった防災拠点に与えられる耐震強度で、阪神淡路大震災ほどある地震の1.5倍の地震にも耐えられる仕組みになっています。大きな地震に耐えられるマイホームがあれば、安心して家族で暮らせます。

注文住宅を建てる

注文住宅は誰もの夢と言っても過言ではありません。多くの人が自分だけのオリジナルの家を建てたいと思っているでしょう。しかし、注文住宅を建てるときは、土地もいりますし、それなりに費用も掛かります。自分たちの予算とすり合わせながら作っていくことが大切になるでしょう。

注文住宅を建てるときに重要なのは、自分たちの要望をきちんと明確化することです。広いリビングがいいとか、木造の温かい雰囲気を出したいなど、なんとなくでもよいので希望を決めておきましょう。そうすることで希望の家が具体化していきます。それをもとに建築業者と話し合いながら、製作していくことになります。最近では、地震も多く耐震ができているかも重要となることでしょう。

また、家族がいるのであれば、家族の要望もきちんと聞きましょう。自分だけの希望で作ると、後から不満が多くなり、家族間の仲に溝ができてしまうことがあります。注文住宅を建てるときは、できるだけ話し合い、希望と譲れるところをはっきりと決めながら設計しましょう。

また、立てたら終わりというわけではなく、アフターフォローも大切です。できることなら長い間住んでいきたいですよね。アフターケアまでしっかりとしてくれる建築業者であれば、作る過程も信頼できますし、結果として一生ものの家を大切にできるようにアドバイスしてくれることでしょう。今回は注文住宅、特に名古屋で注文住宅を建てるときに依頼したい建築業者についてご紹介します。